理念と沿革

歩み

健康なくらしへの願いを織り続ける大津コーポレーションの歩み

大津コーポレーションの歩み

1912年、泉州繊維業の先駆者、臼谷喜代枩によって切り拓かれた泉州の毛布づくりは、激動の20世紀を乗り越え、多くの先人の努力により着実に発展し継承されてきました。
現大津コーポレーションの前身会社はその中核企業として、良質な毛布の生産を通じ人々の健康で、快適なくらしの近代化のために寄与してまいりました。

大津コーポレーションの歩み

現大津コーポレーションの前身会社である臼谷毛織物工場は明治45年から自営を始めており、大正6年の大津織物仕上合資会社の設立を契機に、原毛から紡毛糸を、紡毛糸から毛織り物を、そして仕上加工へと事業を大きく発展させ、その間巾出乾燥機、洗絨機、ローラー等の当時の最新式の設備を導入し、毛布生産とその輸出貿易の成功により〈泉州の毛布〉の声価を不動の物としました。

その後も、ドイツのションヘル式とベルギーのウーゼー式鉄製力織機の導入、スイス人技術者の招聘等、生産機械の改良と近代化に尽力し、昭和に入ってからの泉州の毛布産業の急速な発展に貢献し、毛織物業の一貫生産システムを確立しました。

物づくりの心

物づくりの心とお客様を直接結ぶ大津コーポレーション

戦後、泉大津の商工会議所の設立を提唱した臼谷喜代枩は、初代会頭に就任、大阪紡毛紡績会を設立し会長の任に当たり、大阪府繊維工業会の会長に就任する等業界のリーダーとして業界全体の発展につくし、その功績により昭和30年には藍綬褒章を授与されました。

大津コーポレーションの物づくり

昭和35年に、株式会社大津コーポレーションの前身である大津工業株式会社が設立されました。
織り、タフト、マイヤーと発展する技術と、ウール、レーヨン、アクリル、綿、ポリエステル等素材の導入と言った、長年にわたって培われてきた毛布づくりと、戦前にいち早く創始され自社ブランド〈OKブランド〉を継承することとなりました。
以降株式会社大津コーポレーションは毛布産業の中心的企業として今日に至っております。

株式会社大津コーポレーションは、創業以来80有余年にわたる毛布づくりの伝統の上に立って、総合的寝具メーカーとして小売りと直結することにより、お客様の生の声を物づくりに反映させ、お客様の健康・快適はもとより、感性豊かなくらしづくりを目指すトータル生活価値創造企業として活動いたしております。