ロイヤルクラウン羽毛

アイダー

アイダーの特徴

品質の高さから”羽毛の宝石”と称されているアイダーダウン。
身体を優しく包み込む軽さと上質のぬくもり。
アイダーダウンならではの最高級のやすらぎをお届けします。

アイダーダウン
厳寒の大自然 アイスランド、グリーンランド地方の海岸線のみに生息するアイダーダックは、野生の鴨で、日本では”毛わた鴨”と訳されています。その羽毛は”KING OF DOWN”と称され最高級の評価が与えられています。厳しい寒さから体温を維持する為、全身を覆う羽毛はフワフワと弾力性に富み、秀でた保温性は他に類をみません。アイダーダウンは、他の羽毛に比べ、羽枝の先端がステッキ<カギ状>になっており、このためダウンボール同士がよくくっ付き合いより大きな空気層が形成されて、優れた保温性が得られます。一枚の羽毛ふとんを作るのに普通のダウンでは約1.4kg必要なのに対して、アイダーダウンは1.0kgあまりでよいのも、そのおかげです。5月〜6月頃、アイスランドの短い夏は、アイダーダックにとって大切な子育ての季節です。厳しい寒さから卵を守るため自らの綿毛<ダウン>をついばみ、凹地に敷きつめて巣を作ります。厳しい環境の中でも卵は母鳥と綿毛に温かく守られ、雛にかえるのです。


アイダー保証書
アイダーダウンは一般のダウンのように直接水鳥から採取するのでなく、雛鳥が巣立った巣跡から20gほどのわずかなダウンを採取します。またアイダーダックは生息数が少なく、極めて貴重な水鳥であるため法律によって厳しく保護されています。このようなことから生産量は一定せず、年間2,000〜3,000kg程度しか収穫することができない貴重なダウンです。アイスランドでは、法律により輸出原毛は全て登録された検査官の厳しい検査に合格した品質の良いものだけに輸出が許可されています。
左のこのラベルは、アイダーダウンを使用した羽毛ふとんだけに付けることのできる産地証明の印です。

アイダーダウン

商品紹介

龍村美術織物

明治27年創業、初代龍村平蔵が大正の末期に、当時の帝室博物館より正倉院御物の研究と復元を依属されて以来、龍村美術織物は3代にわたって日本や世界を問わず、実に様々な古代織物の復元を手がけてまいりました。又、染色工芸に対する功績により「芸術院恩賜賞」を受け、古代織物の研究及びそれを基盤とする美術織物創作を極め、世界的にその名声をとどろかせています。
織物と一口に言っても、それだけで龍村美術館を表すことはできません。「龍村製」「龍村織」「龍村裂」ブランドとして登録された製品は、衣品としてよりもむしろ芸術品としての域に属する帯地をはじめ、打掛地、ドレス地、大きくはタペストリー、室内装飾、小さくはバッグやネクタイなどの高級雑貨、さらに自動車や航空機のシート地にいたるまで多岐にわたっています。

龍村美術織物アイダー羽毛ふとん

龍村美術織物アイダー羽毛ふとん

側生地:絹100%(龍村織 西陣ジャカード)
詰め物:アイダーダウン(手選別)98%
    フェザー2% 約1.0kg
サイズ:約150cm×約210cm



〈紅牙瑞錦(こうげずいきん)〉
正倉院宝物の「紅牙撥鏤尺」の模様を題材にした図柄。”尺”はものさしのことです。

〈桐に向い鳳凰丸紋錦(きりにむかいほうおうまるもんにしき)〉
この裂は、京都の壬生寺に伝わる壬生狂言の衣裳に使用されていた壬生寺裂紋様のひとつです。
・マスとマスの間を特殊熱圧着でジョイントし、キルトの縫い目を無くして、羽毛の吹き出しを防ぎます。
・アレルギー疾患の原因となるアレルゲンの代表が「ダニ」だと言われています。この羽毛ふとんのダウン原料には漢方薬の主成分のひとつとしても知られる自然のタンニン酸成分が加工されています。タンニン酸加工はダニ抗原を人体に無害なものに変え、無力化する優れた機能の「ダニ抗原処理」加工です。

プラウナーシュピンヒュッテ

プラウナーシュピンヒュッテ社は、ドイツで唯一の絹織物製造会社として、天然シルク<絹>の織物加工に於いて60年余の伝統を有しています。現在、同社は中国及びブラジルから輸入した絹糸を使用して工業用並びに家庭用の高品質テキスタイル織物を製造しています。プラウナーシュピンヒュッテ社の製品は、特殊技術により非常に目のつんだしかも薄手に仕上がっている為、高級羽毛ふとん用の側生地に適した織物として高い評価を得ています。

シュピンヒュッテアイダー羽毛ふとん

シュピンヒュッテアイダー羽毛ふとんwidth=

側生地:絹100%<ジャカード>
詰め物:アイダーダウン95% フェザー5% 約1.0kg
サイズ:約150cm×210cm
 
同柄カバー
生地:絹100%
サイズ:150cm×210cm


ニナ・リッチ

女性のエレガンスを象徴するパリの伝統ある老舗メゾン”ニナ・リッチ”。優美であり、フェミニンであり、またモダンでアクティブな面を兼ね備えた現代の女性像をイメージしたブランドです。
ニナリッチ社は創立以来半世紀有余にも及びフランス服飾界の歴史と伝統を誇る老舗で、ファッション、香水、化粧品などで世界的に知られるフランスの高級ブランドです。「決して奇をてらわず、常に女らしさを追求する・・・」という創業者(マダム・ニナ・リッチ)のポリシーは今も延々と受け継がれています。女性を美しく、個性的な魅力を引出し、人生に喜びを与えることを基本に、常に新しい時代のセンスを取入れたファッションを提案しています。

今回は、このようなニナ・リッチの優れたセンスが息づいた高級羽毛ふとんの一品をご紹介いたします。ふとんの中味には、羽毛素材の中でも最高級素材と言われる”アイダーダウン”を使用し、側生地には、160番双糸使いの目のつんだジャカード織りで、スイスコットン<ギザ45>素材を使用しています。

(GIZA45 超長繊維綿 種類/バルバデンセ種<学名> 繊維長/34.925mm〜38.1mm)


<ギザ45>は、繊維が細くて長く、美しい光沢とソフトな風合いをもち、完全な糸構造と安定した強度を備えています。安全性やエコロジー性に於いても国際的に保障されています。このエジプト綿<ギザ45>は、長い歴史に培われた高い技術を誇るスイスの紡績工場に於いて紡績され”スイスコットン”商標のもと、最高級綿として世界各国に輸出されています。

ニナ・リッチアイダー羽毛ふとん

ニナ・リッチアイダー羽毛ふとん

側生地:綿100%(スイスコット/ギザ45 ジャカード)
詰め物:アイダーダウン95%
    フェザー5% 約1.0kg
サイズ:約150cm×210cm
カラー:ピンク・グリーン・ホワイト