Dear Japan

三河産 MIKAWA

国産木綿がはじめて文献にみえるのは、永正7年(1510年)で興福寺の大乗院に残っている「永正年中記」に年貢の180文の分として「三川木綿」をとったとして記されています。最初の綿業が根を下ろした土地は三河であり、永正年間(1504年〜1520年)すでに綿織物業がおこり、天文年間(1532年〜1554年)以降、木綿商人は積極的に販路を京都方面に求めたと言われています。江戸時代には、三河地方で棉の栽培と綿織物が盛んとなり、この地方の織物は「三白木綿」として江戸方面に送られ、さらに西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」というブランド名で知れ渡りました。「質の良い綿織物」としてその後今日まで受け継がれています。

6重ガーゼケット

綿100%
ネイビー
140cm×190cm 税別¥10,000

4重ガーゼケット

綿100%
ピンク・グリーン・ブルー
140cm×190cm 税別¥10,000